So-net無料ブログ作成
検索選択

伊丹空港存廃、大阪と兵庫の議会も対決姿勢(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事が唱える大阪(伊丹)空港の廃止構想に絡み、大阪府議会(112人)の自民党(38人)、公明党(23人)の両会派は19日、「中長期的な伊丹廃港を考える」とした決議案を24日の本会議に共同提案することで合意した。

 府議会の過半数を確保し、可決の見通し。これに対し、兵庫県議会(92人、欠員3人)の主要会派は、伊丹空港の存続を求める決議案を提案、23日の議会最終日に可決される見通し。存廃で対立する両府県知事と同様、両府県議会の対決色も鮮明となる。

 府議会両会派が合意したのは、「関西国際空港のハブ化の実現を求める決議」案。本文中で、関空への交通手段の大幅な改善が実現されることを前提に、中長期的な伊丹廃港を検討すべきとしている。

 可決の見通しとなったことについて、橋下知事は報道陣に、「府民の代表者の府議会が、色々な利害が対立する中で一つの方向性を示すことは大きい。この意思表示を国がどこまで受け止めるかだ」と語った。

 一方、兵庫県議会の決議案には、自民党(45人)や民主党・県民連合(20人)、公明党・県民会議(13人)の県議会与党3会派が賛成し、過半数を超える見込み。

 決議案では、年間利用者が1500万人を超える利便性の高さなどを訴え、伊丹空港を将来も存続させ、関西神戸を含めた関西3空港を一元管理して有効活用するよう求める。同様の主張をしている井戸敏三知事と歩調を合わせる。

窃盗 国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる(毎日新聞)
強風 杉の木が倒れ石灯籠を壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
公務員専門校生「知的な感じしない」阿久根市長(読売新聞)
死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
大阪・和泉寺跡から泉南を統治した地元豪族名の瓦が出土(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。